読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとをかしんぶん

しんぶんとは名ばかりの不定期更新いとをかし

鼻が折れても前進あるのみ! 〜エネルギーワーカーと行く鞍馬山・貴船の旅

スピリチュアル

ひとみんでーす♪

ひでもんでーす♪

ふたりあわせてくらまーずでーす♪

・・・という芸名ではないと思うのですが(笑)

スゴ腕のエネルギーワーカーである

お二方主催のイベントに参加してきました。

 

節分、春分を経ての最初の日曜日。

新しい年の幕開けにふさわしいこの日に

私自身はじめて足を踏み入れる

鞍馬山と貴船をご案内いただけるとあって

告知見た瞬間にポチったわけですが

 

ただ浄域にご案内いただけるだけではなく

前進するためのエネルギーをいただける

一斉遠隔ワークもついているというお得ツアー。

もう、前日から大興奮状態ですよ。

 

ツアー行程については

ひとみんが写真とともにアップしてくれてるんで

ぜひ ↑ からご覧くださいませ。

 

で、私からは

「エネルギーワークを受けた立場」からの

感想などを。

 

鞍馬山の三身一体尊天

 

感想の前にまず

鞍馬山の本尊「三身一体尊天」について。

 

尊天とは、この世に存在する

すべての宇宙エネルギー。

その働きは、慈愛・光明・活力となって

あらわれます。

 

鞍馬山の宝物殿地下に

慈愛代表:千手観音菩薩

光明代表:毘沙門天王

活力代表:護法魔王尊

の像が祀られていますが

 

今回のヒーリングは

くらまーず(笑)+護法魔王尊

エネルギーでした。

活力。なるほど確かに

前進するしかないですね!

 

ふたりの愛が温かいの

 

実は私、この前日に

くらまーず(仮称。笑)から

対面ヒーリングを受けていました。

くらまーずとともに

萌えコン塾というビジネス塾で

お世話になっているのですが

そこの講師の、まみさんが

 

「悪いけど、これなんとかしたってー」

 

とお願いしてくださって

あまりにひどい肩こりを

くらまーず、ふたりがかりで

癒してくださったんです。

 

滞りをなくして循環させるヒーリング

 

その肩こりは、30年以上前の

交通事故由来のものなんで

完治! ってわけにはいかなかったんですが

 

腰回りを中心にすっごく温かくなって

というかもう、鼻の下に汗かいちゃうくらい

熱くなっちゃって。

 

さらに具体的に、どこどこが

こうだからこう! という

ご指摘もいただき。

思い当たることばかりなので
ひたすらビビるばかりの私。

今まで滞っていたものが
循環しはじめたみたいなんです。

 

この「下ごしらえ」からの〜〜

今回のヒーリング。

しかも、鞍馬山の気、ハンパねぇ、なう。

的な(笑)

 

熱い! エネルギーが熱い!

 

比較的あたたかい日ではありましたが

山の上はやはり寒くて。

雪も大量に積もっていました。

今回のイベント参加者みんな

 

「寒い! 冷たい!!」

 

と連呼していたのですが、私は・・・

 

全然、寒くなかったんです。

むしろ、暖かいというよりは、熱かった。

 

どうやら、前日のヒーリングの
「循環」がまだ続いていたようで。

 

おかげさまで、まさに雪山越え!
だった今回のツアーも

無事に乗り切ることができました。

 

さわやかな朝と前進のエネルギー

 

そして、今朝。

昨夜は本当に泥のように熟睡できました。

肉体疲労のせいだとは思いますが

それにしても、朝が本当にさわやかで。

 

まさに、エネルギーが

ごっそり入れ替わったような感じです。

 

頭もスッキリして
やるべきことにどんどん着手できます。

 

まさに、前進エネルギー!!

そうそう、このエネルギー送信のあと
ひでもんが、

 

「北極星からエネルギーを受け取った」

 

と言ってたんですけど

そもそも今回の一斉遠隔の主役
おっさんヴィーナス(護法魔王尊)
とともに祀られている毘沙門天
北方の守護神だったりするんですよね。

面白いなーと思いました。

こりゃ、ガチで宇宙エネルギーじゃないか、と。

 

今回、ほんとにご縁あって
ひとみん、ひでもん、お二方の

ヒーリングを受けることが出来て

ラッキーだったと思います。

 

心から、ありがとうございました!

 

f:id:ikinarinurikabe:20170206191410j:plain

 

さて、おっさんヴィーナス(護法魔王尊)
ってなんなのよ? って
調べてみたらば阿鼻叫喚(コラ)

驚きの記事は明日にでも。

うまいことすれば、まさかの

おっさんヴィーナスからの

チャネリングメッセージは

メルマガ「いとをかしんぶん」にて。

(携帯アドレスには届きませんので

 パソコンのアドレスやGmailなどで

 よろしくお願いします)