読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとをかしんぶん

しんぶんとは名ばかりの不定期更新いとをかし

 たとえ親に愛されなくても

前世&現世 ソウルメイト

めちゃめちゃ陰気な彼と私の過去

さて、今日から始まる

「めちゃめちゃ陰気やで〜」シリーズ。

 

本題に入る前に、さらりと私のブログ歴など。

まぁ、誰も興味ないハナシかもなんですが

私にとってブログとは、かつてはこの

「めちゃめちゃ陰気やで〜」

成仏させるためのツールだったんです。

 

元々、書くことが大好きでしたし

お金払って印刷して・・・の同人活動もしていた私は

この「無料で書いて発信できる!」というブログに

かなり早くから関わっていました。

ikinarinurikabe.hatenablog.com

ただ、当時はホントに、日記といいますかね。

それこそ内容は

 

「誰が興味あんねん!」by ヤナギブソン

 

的なモノではありました。

 

たとえ親に愛されなくても

 

本格的に、第三者様に読んでいただこう

・・・という意識でブログを開設したのは

2012年1月1日。

健康だけが取り柄の私が、まさかの病に倒れ

仕事休んで自宅療養していた頃のハナシです。

病の一因に、親との確執があったものですから

この際、盛大に(?)己の過去を

バーッ! とぶっちゃけちゃおうぜ!

・・・と始めたブログタイトルが

 

「たとえ親に愛されなくても」

 

いやもう、めちゃめちゃ陰気でしたよ(笑)

ただ、めちゃめちゃ陰気なこのブログ

当時からすでにスゴかったんですけど

今となってはほんとに大ブレイクしてる

とある起業家の方のメールマガジン

開設翌日の1月2日に紹介されるとゆー

ありえないミラクルが起こりまして

ほんま、ツッタカタッタッター!

というイキオイで読者様が増えていきました。

 

いやぁ、あれは驚いた(笑)

f:id:ikinarinurikabe:20161122151801j:plain

 

ソウルメイトに気付けた理由

結局、そのブログには2ヶ月くらいで

出したかった想いをほぼほぼ出し尽くし

もういいか、というタイミングで閉鎖しましたが

コメントも多くいただいていましたし

そこから派生して「殴られメイツ」なる

コミュニティが生まれオフ会にまで発展し

 

今思えば、被虐待者を見事に巻き込んでいたよなぁ〜

と、まるで他人事のように思い出します。

 

それくらい、私の

「これ、出し切りたい!!」

とゆー熱量が高かったのだと思います。

 

その、熱量がめちゃめちゃ高かったブログ

「たとえ親に愛されなくても」

に書いていたことをベースに

ウチの元嫁(現世では男・我がソウルメイト)の

過去バナも絡めて展開していくであろう

「めちゃめちゃ陰気やで〜」シリーズ。

 

ま、私は、彼の人生を生きてはいないので

聞いたハナシなんだけど、なスタンスになりますが

 

何故、私が彼のことを

ソウルメイトだと気付けたか?

 

そんなエッセンスを散りばめていこうと

現時点では考えていますので

お付き合い願えれば幸いです。