読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとをかしんぶん

しんぶんとは名ばかりの不定期更新いとをかし

「萌え」はちょっとした不幸くらい粉砕するエネルギーを秘めている

萌え&パッション

この記事を書いた後

私の恥ずかしい過去が自宅より発掘されました。

ikinarinurikabe.hatenablog.com

 

実は昔、おそらく国内では最大手だったと思われる

ルパン三世の私設ファンクラブ

スタッフをやっとりまして

当然、会誌の編集・発送作業だけではなく

漫画などの投稿もしていました。

 

今から投下するクソ恥ずかしい漫画は

テレビアニメ版ファーストシリーズ

(いわゆる、緑の背広ルパン)

第三話「さらば愛しき魔女」という話のパロディ。

だから、それ知らない人が見てもワケワカランチン・・・

・・・なんですが、言い訳しますと

 

この原作「さらば愛しき魔女」自体

かなりワカランチンな話です(笑)

 

んっとー、なんかねー

ある島にリンダってゆー美女がいてー

ルパンその島に行くんだけどー

リンダいわく「第三の太陽」って呼ばれてる

その花がないと私は生きていけない身体なのー

なんて可愛いコト言っちゃうんだけど

 

多分、魔女って、
麻○中毒女の略だな

 

としか思われない展開になります(笑)

この「第三の太陽」核兵器にも匹敵する

ヤバいアレなので、最終的には島ごと処分。

 

・・・こんな前提のもとで、ではドゾー(笑)

 

さらば愛しき五右ェ門

f:id:ikinarinurikabe:20161118155949j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20161118160015j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20161118160028j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20161118160044j:plain

f:id:ikinarinurikabe:20161118160104j:plain

 

ちなみにラストページのAVの元ネタはコレ。

【ルパン三世】五ェ門拷問の回(ニコ動)

 (音出ちゃいますので注意。

 血が苦手な方はアニメとは言え閲覧注意。

 10分以上あります、そちらも注意)

 

さて、この意味不明漫画を描いたのは

1993年6月5日です。6月5日。

・・・誕生日なんですけど、私の(笑)

 

(当時)28歳独身女性が

自分の誕生日に何をやっているのかと(笑)

 

でも、コレ描いてるとき

全然悲壮感はなかったんですよね。

 

この頃って、母親はすでに亡くなってて

弟もこの年の春に就職で家を出てたので

私はフルタイムで正社員やりながら

アル中の父親に給餌・家事全般やりつつ

もうこの家にとどまる理由もないしと

引っ越し先を探していた頃です。

 

この数年前に比べれば

ずいぶんラクになってたものの

まだまだ閉塞感あふれる状況の中

こんなアホ漫画描いてるときだけが

幸せでしたねえ。まさに萌え。

 

「萌え」はやっぱり大切にしなきゃ!

としみじみ思いましたとさ。

 

・・・にしても恥ずかしい漫画だなォィ(笑)