読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとをかしんぶん

しんぶんとは名ばかりの不定期更新いとをかし

 伝説のメルマガ・柘植櫛屋のおっちゃんを偲ぶ(前編)

メルマガ出すぞ! 出すぞ! 出すぞー!!

と窓口だけ開いて開店休業状態だった

いとをかしんぶん、

ようやく発行することができました。

 

お読みくださる皆様、後押ししてくださった方々

さまざまな方のおかげだなぁと

あらためて感謝している次第です。

 

さて、元々、自分自身が発信好きで

だから他の方の発信を読むのも好きな私は

今まで結構な数のメルマガを読んできました。

 

そんなあまたのメルマガの中で

どうしても忘れられない・・・私の中では

伝説となっているメルマガがあります。

 

それは、ある柘植櫛屋のおっちゃんが発行していた

柘植櫛のネットショップのメルマガ。

 

ネットショップのメルマガと言えば

「新製品が出ました!」とか

「今日から1週間2割引セール!」とか

売ります感満載のが届きそうなものなのですが

この櫛屋のおっちゃんのメルマガは違いました。

 

「柘植櫛は一生モノです。

 ちゃんとお手入れしましょう」

 

ひとつ購入したら、もう買わんでもエエ!

というスタンスに驚き

また、私は美しい椿の花が彫られた櫛を買ったのですが

 

「櫛は髪をとく道具なので、

 彫りなんか不要です」

 

と、彫りのない安い方の櫛を勧めてくる。

 

発行頻度は、年に4〜5回?(笑)

ほとんど季節のお便りで、実際年末になると

おせち料理を作りました的な内容が届きました。

 

「ウチの娘より、おっちゃんの方が

 栗きんとん作るの上手いねんで」

 

という自慢話に、櫛の話は一切出て来ません。

 

でも、なんというか、おっちゃんの文面には

おっちゃんの人柄がにじみ出ていて

ほんとにたまにしか届かないこのメルマガを

私は心待ちにするようになりました。

 

お会いしたこともない櫛屋のおっちゃんを

まるで親戚のおっちゃんのように

身近に感じていました。

 

・・・ちょっと長くなりそうなので

続きは「後編」にて。

ikinarinurikabe.hatenablog.com

f:id:ikinarinurikabe:20161112054650j:plain